徳陳研からのお知らせ


2015年6~8月度の練習予定日

(変更がある場合は都度連絡致します)

6月  7日、 14日、 21日、 28日
7月  5日、 19日、 26日
8月 2日、  9日、 16日、 23日

7月12日、8月30日は休みです

陳式太極拳老架一路の講座に3年ほど通っているとき、偶然、徳島にも陳式新架一路、二路の教室が出来ていることを知ったのが、約1年6か月前です。努力の甲斐?かどうかは分かりませんが、新架一路83套路を覚え、続いて二路60套路を覚えることが出来ました。これで、伝統陳式太極拳を本格的に学んでいくスタートに立てたと言う気が致します。
「大神子海岸の陳式太極拳と四十八式太極拳」の続きを読む »

太極拳


徳島陳式太極拳新架一路の短縮バージョンである自選套路を矢野老師に表演して頂きましたので、共有したいと思います。自選套路は現在2本あり、1本目は、助任緑地公園で、助任川と桜を背景での演武ですが、こちらは、徳島市立体育館での演武です。
「徳島陳式太極拳研究会、矢野老師による自選套路その②」の続きを読む »

陳式新架一路

陳式太極拳新架一路の套路は八十三式です。
又、老架一路のそれは七十四式で、二十四式太極拳の套路と比較して長いのが特徴です。二十四式太極拳は入門用の太極拳として最適な構成となっていて、比較的覚えやすいと思います。

陳式新架一路

陳式太極拳新架一路は、楊式の規定套路である二十四式太極拳や、その発展系の四十八式などの太極拳をやってきた者にとっては、動き方や基本的な立ち方、足の運び方がかなり異なっていますので、最初、少し戸惑うと思います。楊式太極拳とは動作の原理や用法が違っています。とくに特徴的なものは、震脚と言って、床を強く踏み鳴らすような動作をすることです。

また、同じ陳式太極拳でも、老架一路の方は新架式と同じく震脚の動作はありますが、腕などのひねり動作が少ないようです。

陳式新架一路